メニューを開く 検索 ログイン

歯周病治療で大腸がん進行を抑制か

2021年03月19日 05:15

11名の医師が参考になったと回答 

 グラム陰性偏性嫌気性桿菌であるFusobacterium nucleatumF. nucleatum)は口腔内の常在菌であり、歯周病に関連することが知られている。一方、F. nucleatumは大腸がん組織でも多く検出され、口腔内に由来する菌が移行していることが報告されている。横浜市立大学肝胆膵消化器病学の吉原努氏は、歯周病を有する大腸がん患者において、歯周病治療によって便中のF. nucleatumDNA量が低下することをGI Week 2021(2月19~21日、ウェブ開催)で報告。歯周病治療が大腸がんの発生や進行を抑制する可能性があることを示した(関連記事「口腔内の歯周病菌が大腸がん発生に関与」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  歯周病治療で大腸がん進行を抑制か

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535616 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外