メニューを開く 検索を開く ログイン

歯周病治療で大腸がん進行を抑制か

 2021年03月19日 05:15
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 グラム陰性偏性嫌気性桿菌であるFusobacterium nucleatumF. nucleatum)は口腔内の常在菌であり、歯周病に関連することが知られている。一方、F. nucleatumは大腸がん組織でも多く検出され、口腔内に由来する菌が移行していることが報告されている。横浜市立大学肝胆膵消化器病学の吉原努氏は、歯周病を有する大腸がん患者において、歯周病治療によって便中のF. nucleatumDNA量が低下することをGI Week 2021(2月19~21日、ウェブ開催)で報告。歯周病治療が大腸がんの発生や進行を抑制する可能性があることを示した(関連記事「口腔内の歯周病菌が大腸がん発生に関与」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  歯周病治療で大腸がん進行を抑制か