メニューを開く 検索を開く ログイン

歩道が多いと認知症リスク半減

 2021年03月19日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 日本は先進国の中でも特に歩道設置割合が低いが、そのことで高齢者の健康になんらかの影響を及ぼしているのか。東京医科歯科大学国際健康推進医学分野の谷友香子氏らは、日本老年学的評価研究(JAGES)調査のデータを用いて、自宅の近隣の道路状況と認知症の発症との関連を検討。解析の結果、歩道面積の割合が小さい地域に比べ、大きい地域の住民は、認知症の発症リスクが45%低いと、Am J Epidemiol2021年2月19日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  歩道が多いと認知症リスク半減