メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

がん診断後の患者の喫煙状況、禁煙の利点は過小評価

2021年03月19日 13:49

1名の医師が参考になったと回答 

 日本癌学会の喫煙対策委員会では、電子たばこを含めた喫煙とがんを始めとする健康にまつわる国内外のさまざまな研究結果を定期的に1~2編ずつ紹介していく取り組みを行っている。

 3月18日には第二弾として、がんと診断後の患者の喫煙状況に関する報告論文を紹介。同論文では、喫煙の継続は二次がんリスクの上昇、術後合併症のリスクの増加、放射線の有効性と耐性の低下、全身療法の有効性と耐性の低下、健康機能と生活の質の低下、全体的な死亡率の増加と関連し、がん患者の生存の最も強力な有害な予測因子と考えられているが、禁煙の利点は過小評価されていると論じられている(Transl Lung Cancer Res 2019; 8: S50-S58)。

 担当委員で国がん研究センターがん対策情報センターの平野公康氏は「がんの治療成績が向上し、サバイバーが増える中、喫煙という重要な要素が患者と医療提供者の双方において正面から取り組まれていないことに関しての警鐘を鳴らす論文」とコメントしている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  がん診断後の患者の喫煙状況、禁煙の利点は過小評価

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535721 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外