メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

コロナ禍の心の不調は宮城・福島で高率

 2021年03月21日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe stock ※画像はイメージです

 東日本大震災から10年。コロナ禍において、被災地住民の心の健康はどうなっているのか。東北大学経済学研究科高齢経済社会研究センター・センター長の吉田浩氏らは、震災から10年を目前に控えた昨年(2020年)12月に、生活および健康に関するアンケートを実施。その結果、コロナ禍にあった昨年、被災地の宮城県と福島県で心の健康に不調を来した人の割合が多く、他者への信頼が希薄である傾向が見られたと、3月12日に同大学の公式サイトで発表した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

緊急時の感染症対応に強力な司令塔

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  コロナ禍の心の不調は宮城・福島で高率