メニューを開く 検索 ログイン

非小細胞肺がんの新たな経過予測因子

術前の骨格筋量、運動耐容能

2021年03月23日 05:05

 非小細胞肺がん(NSCLC)患者の術後経過を予測する因子として、年齢、性、喫煙歴、がんの進行度、呼吸機能などが挙げられる。名古屋大学病院リハビリテー ション部の田中伸弥氏、同大学大学院呼吸器外科学教授の芳川豊史氏らの研究グループが行った術後NSCLC患者の後ろ向き観察研究により、術前の骨格筋量および運動耐容能も術後の予後予測因子に関連していることが示された。詳細はJ Cachexia Sarcopenia Muscle2021年3月4日オンライン版)に発表された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  非小細胞肺がんの新たな経過予測因子

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535620 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外