メニューを開く 検索を開く ログイン

胃がん個別化医療の今後を展望

がんゲノムプロファイル検査をどう活用すべきか

 2021年03月23日 05:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 分子生物学の進展により、腫瘍細胞の悪性形質獲得に関連する複数の遺伝子が同定されるようになった。胃がんにおいては、HER2陽性や高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)症例に対する個別化医療が進んでいる。第93回日本胃癌学会(3月3〜5日、ウェブ開催)で近畿大学内科学腫瘍内科/同大学病院ゲノム医療センター講師の武田真幸氏は、胃がん領域における遺伝子異常を解説し、今後のがんゲノムプロファイル検査の応用について展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  胃がん個別化医療の今後を展望