メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

心不全の体液貯留に対する水利尿薬OPC-61815が承認申請

経口投与できない患者への新たな治療選択肢に

 2021年03月23日 13:21
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 大塚製薬は3月22日、V2受容体拮抗薬OPC-61815(一般名:トルバプタンリン酸エステルナトリウム)について、ループ利尿薬などの利尿薬で効果が不十分な心不全における体液貯留を予定適応に製造販売承認を申請したと発表した。

 OPC-61815はトルバプタンのプロドラッグ注射剤で、静脈内投与後、速やかにトルバプタンへと加水分解され効果を示すことが非臨床試験などで明らかになっている。また同薬の有効性と安全性を検討した第Ⅲ相臨床試験では、トルバプタン錠15mg投与群と比較して非劣性であることが示され、安全性に関しても大きな問題は見られなかった。同薬は、静脈内投与可能な水利尿薬として、トルバプタンを経口で服用できない体液貯留を有する心不全の患者に対する新たな治療選択肢となることが期待される。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  心不全の体液貯留に対する水利尿薬OPC-61815が承認申請