メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

NSCLC術後のアテゾリズマブ、支持療法と比べてDFSを延長

第Ⅲ相試験IMpower010

 2021年03月23日 15:42
プッシュ通知を受取る

 スイス・Rocheは3月22日、第Ⅲ相試験IMpower010の中間解析において、II〜IIIA期非小細胞肺がん(NSCLC)の術後補助療法における抗PD-L1抗体アテゾリズマブが、支持療法と比べて有意に無病生存期間(DFS)を延長したと発表した。切除可能な早期肺がんを対象とした第Ⅲ相試験において、支持療法と比べてがん免疫療法による術後補助療法がDFSを延長した初めての報告であり、詳細は今後の学会で発表される予定であるという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  NSCLC術後のアテゾリズマブ、支持療法と比べてDFSを延長