メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

レンバチニブ、切除不能胸腺がんに対する初の治療薬として国内承認

 2021年03月23日 17:54
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 エーザイとMSDは本日(3月23日)、エーザイ創製のマルチキナーゼ阻害薬レンバチニブ(商品名レンビマ)について、切除不能な胸腺がんを適応として承認を取得したと発表した。同薬は、わが国における切除不能胸腺がんに対する初めての承認薬剤となる。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  レンバチニブ、切除不能胸腺がんに対する初の治療薬として国内承認