メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

ペミガチニブ、FGFR2陽性進行胆道がんで国内承認

2021年03月23日 18:23

1名の医師が参考になったと回答 

 インサイト・コーポレーションは本日(3月23日)、選択的線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)阻害薬ペミガチニブ(商品名ペマジール)について、がん化学療法後に増悪したFGFR2融合遺伝子陽性の治癒切除不能胆道がんを適応として、国内での製造販売承認を取得したと発表した。

 同承認は、線維芽細胞増殖因子(FGF)またはFGFRを認め、治療歴を有する、局所進行性または転移性の成人胆管がん患者を対象に、ペミガチニブの安全性と有効性を評価した国際共同第Ⅱ相試験FIGHT202の結果に基づく。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  ペミガチニブ、FGFR2陽性進行胆道がんで国内承認