メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ベネトクラクス、急性骨髄性白血病へ適応拡大承認

 2021年03月23日 18:48
プッシュ通知を受取る

 アッヴィ合同会社は本日(3月23日)、経口BCL-2阻害薬ベネトクラクス(商品名ベネクレクスタ)について、国内における急性骨髄性白血病(AML)の適応追加承認を取得したと発表した。今回の承認により、同薬は、強力な化学療法が適応とならない初発のAML患者に対する新たな治療選択肢となる。また同薬の適応は、再発/難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)および小リンパ球性リンパ腫(SLL)に続く、3つ目の適応症となる。

 同承認は、AML患者を対象にベネトクラクスとアザシチジン併用および低用量シタラビン併用を検証した国際共同第Ⅲ相試験の結果に基づく。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  ベネトクラクス、急性骨髄性白血病へ適応拡大承認