メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ダラツムマブ皮下投与製剤が多発性骨髄腫で国内承認

 2021年03月23日 18:56
プッシュ通知を受取る

 ヤンセンファーマは本日(3月23日)、ヒト型抗CD38モノクローナル抗体ダラツムマブとボルヒアルロニダーゼ アルファ(rHuPH20)を配合した皮下投与製剤「ダラキューロ®配合皮下注」について、多発性骨髄腫を適応として国内での承認を取得したと発表した。同承認は、2020年4月に行われた製造販売承認申請に基づく。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  ダラツムマブ皮下投与製剤が多発性骨髄腫で国内承認