メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

NK1受容体拮抗型制吐剤ホスネツピタントが国内承認申請

抗がん薬投与後の悪心・嘔吐を予防

 2021年03月23日 19:07
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 大鵬薬品は本日(3月23日)、NK1受容体拮抗型制吐剤ホスネツピタント(開発コード:Pro-NETU)について、厚生労働省に抗がん薬投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)に関する製造販売承認申請を行ったと発表した。 同薬は、抗がん薬投与後の悪心・嘔吐の予防を目的に開発されたNK1受容体拮抗型制吐剤であ...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  NK1受容体拮抗型制吐剤ホスネツピタントが国内承認申請