メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

アザシチジン、急性骨髄性白血病へ適応拡大承認

 2021年03月23日 19:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 日本新薬は本日(3月23日)、アザシチジン(商品名ビダーザⓇ注射用100mg)について、国内における急性骨髄性白血病への適応拡大承認を取得したと発表した。同薬は核酸類縁体のアザシチジンを主成分とする注射用凍結乾燥製剤。国内では、骨髄異形成症候群治療剤として2011年3月に販売を開始している。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  アザシチジン、急性骨髄性白血病へ適応拡大承認