メニューを開く 検索 ログイン

妊娠糖尿病、2つの検診法で転帰に差なし

ワンステップ vs. ツーステップのRCT

2021年03月24日 05:10

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 全ての妊婦に推奨されている妊娠糖尿病(GDM)スクリーニング検査には、空腹時75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)によるワンステップ方式と、随時50gグルコースチャレンジ(GCT)糖負荷試験の結果が閾値を超えた場合に空腹時100gOGTTを行うツーステップ方式があるが、どちらを用いるべきかについての科学的なコンセンサスはない。米・Kaiser Permanente NorthwestのTeresa A. Hillier氏らは、妊婦約2万4,000例を対象としたランダム化比較試験(RCT)で両方式を比較した結果、周産期合併症リスクに有意差はなかったとN Engl J Med2021; 384: 895-904)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠糖尿病、2つの検診法で転帰に差なし

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535684 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外