メニューを開く 検索 ログイン

発作性夜間ヘモグロビン尿症に有望な新薬

補体C3阻害薬pegcetacoplan

2021年03月24日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

 英・St. James's University HospitalのPeter Hillmen氏らは、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)に対する補体C3阻害薬pegcetacoplanの有効性と安全性を、エクリズマブを対照に検討する第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験を実施。エクリズマブ群と比べpegcetacoplan群で16週後のヘモグロビン(Hb)値の改善が大きかったことなどをN Engl J Med2021; 384: 1028-1037)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  血液 »  発作性夜間ヘモグロビン尿症に有望な新薬

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで