メニューを開く 検索を開く ログイン

浮かび上がるCT画像で外科トレ

仮想現実+拡張現実技術を活用

 2021年03月24日 18:41
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

 外傷の外科治療においては、迅速かつ多角的な診断や正確な手技が求められるため、シミュレーション訓練が重要である。帝京大学救急医学講座講師の伊藤香氏は、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の技術を組み合わせて作製、立体視化した3DCT画像を用いた腹部救急外傷症例に対するシミュレーション教育の有効性を検討。検討に参加した臨床医から、損傷部位の空間的な位置関係を正確に把握しやすかったなどの肯定的な意見が得られたと、第57回日本腹部救急医学会(3月11~12日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  浮かび上がるCT画像で外科トレ