メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・進行食道/胃食道接合部がんの一次治療でペムブロリズマブ+化学療法が承認

 2021年03月24日 11:48
プッシュ通知を受取る

 米・Merckは3月23日、米食品医薬品局(FDA)が外科的切除または根治的化学放射線療法の適応とならない局所進行または転移性食道/胃食道接合部がんに対し、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ+シスプラチン+フルオロウラシル(5-FU)併用療法を承認したと発表した。組織型およびPD-L1発現に関わらず、一次治療から使用可能であるという。本承認は第Ⅲ相試験KEYNOTE-590の結果に基づく(関連記事「未治療食道がんでペムブロリズマブが奏効」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・進行食道/胃食道接合部がんの一次治療でペムブロリズマブ+化学療法が承認