メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

新型コロナ併発の脳卒中は転帰不良傾向

 2021年03月24日 18:38
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の世界的な流行開始当初の昨年(2020年)3月、中国・武漢市からCOVID-19重症患者の5.7%が脳卒中を発症したとの報告がなされた(JAMA Neurol 2020; 77: 683-690)。これを受け、日本医科大学神経内科学准教授の西山康裕氏らは、翌月に国内多施設共同で「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に脳卒中を発症した患者の臨床的特徴を明らかにする研究」を開始。こうした患者は転帰不良の傾向が見られたとの現状を、第46回日本脳卒中学会(3月11~13日、ウェブ併催)で報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  新型コロナ併発の脳卒中は転帰不良傾向