メニューを開く 検索 ログイン

新型コロナ併発の脳卒中は転帰不良傾向

2021年03月24日 18:38

8名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の世界的な流行開始当初の昨年(2020年)3月、中国・武漢市からCOVID-19重症患者の5.7%が脳卒中を発症したとの報告がなされた(JAMA Neurol 2020; 77: 683-690)。これを受け、日本医科大学神経内科学准教授の西山康裕氏らは、翌月に国内多施設共同で「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に脳卒中を発症した患者の臨床的特徴を明らかにする研究」を開始。こうした患者は転帰不良の傾向が見られたとの現状を、第46回日本脳卒中学会(3月11~13日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  新型コロナ併発の脳卒中は転帰不良傾向

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535790 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外