メニューを開く 検索を開く ログイン

GSKとメディカゴ社がCOVID-19アジュバント添加ワクチン候補の第Ⅲ相を開始

 2021年03月24日 13:11
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 グラクソ・スミスクライン(GSK)とカナダ・メディカゴ社は3月23日までに、GSKのアジュバントを添加したメディカゴ社の植物由来新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン候補について、現在進行中の第Ⅱ/Ⅲ相試験の一環として、第Ⅲ相臨床試験を開始すると発表した。メディカゴ社は、カナダおよび米国の規制当局より、第Ⅱ相臨床試験の中間解析における良好な結果に基づき、健康な成人を第Ⅲ相臨床試験に組み入れることの承認を得たという。

 メディカゴ社のCOVID-19に対する植物由来ワクチン候補は、コロナウイルス様粒子(CoVLP)技術を用いており、ウイルス様粒子(VLPs)として発現した組換えスパイクタンパク質とGSKのアジュバントとを組み合わせたもの。このワクチン候補は、3.75㎍のCoVLPを21日間の間隔を開けて2回接種するもので、2021年2月17日に米食品医薬品局(FDA)からファストトラック(優先承認審査)対象に指定されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  GSKとメディカゴ社がCOVID-19アジュバント添加ワクチン候補の第Ⅲ相を開始