メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

FoundationOne Liquid CDx、国内初の血液検体によるがん遺伝子パネル検査として承認

 2021年03月24日 13:39
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 中外製薬は3月23日、固形がんに対する包括的ゲノムプロファイリング(CGP: comprehensive genomic profiling)を提供するリキッドバイオプシー(LB: liquid biopsy)検査として、「FoundationOne® Liquid CDx がんゲノムプロファイル」の承認を、3月22日に厚生労働省より取得したと発表した。

 血液検体を用いた固形がんに対するCGPと、国内で承認された複数のコンパニオン診断機能を併せ持ったがん遺伝子パネル検査としては、国内初の承認となる。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  FoundationOne Liquid CDx、国内初の血液検体によるがん遺伝子パネル検査として承認