メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

デニロイキン ジフチトクス、再発/難治性のPTCL・CTCLで国内承認

 2021年03月24日 13:53
プッシュ通知を受取る

 エーザイは3月23日、デニロイキン ジフチトクス(商品名レミトロ)について、「再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)」、「再発または難治性の皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)」の効能効果で国内での製造販売承認を取得したと発表した。同薬は、インターロイキン-2(IL-2)とジフテリア毒素の部分配列からなる融合蛋白質であり、腫瘍細胞表面上のIL-2受容体と特異的に結合する。

 同薬は、再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫および皮膚T細胞性リンパ腫の患者を対象に実施された多施設共同非盲検単群の国内第Ⅱ相試験(205試験)の結果などに基づき、2020年3月に国内承認申請が行われていた。なお、同薬の承認条件に従い、製造販売後の一定の症例数に達するまでの間、同薬が投与された全患者を対象に特定使用成績調査(全例調査)を実施するという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  デニロイキン ジフチトクス、再発/難治性のPTCL・CTCLで国内承認