メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

多発性硬化症に対する国内初のB細胞標的療法薬オファツムマブが国内承認

完全ヒト抗CD20モノクローナル抗体

 2021年03月24日 14:03
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ノバルティス ファーマは3月23日、多発性硬化症に対して日本で初となるB細胞を標的とする治療法であるオファツムマブ(商品名ケシンプタ)について、国内での製造販売承認を取得したと発表した。

 同薬は、ペン型デバイスを用いて月1回皮下投与で治療可能な完全ヒト抗CD20モノクローナル抗体で、主にリンパ節のCD20陽性B細胞表面に結合することにより、B細胞の融解および減少を誘発する。B細胞は多発性硬化症の障害進行の原因となる炎症性サイトカイン産生やT細胞の異常活性化を促すため、B細胞の除去が同疾患の効果的な病態修飾ならびに優れた臨床的有効性の発現につながると期待されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  多発性硬化症に対する国内初のB細胞標的療法薬オファツムマブが国内承認