メニューを開く 検索を開く ログイン

間葉系幹細胞によるコロナ治療、第Ⅰ相終了

国内初の臨床試験で安全性を確認

 2021年03月25日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 脂肪や骨、軟骨などさまざまな細胞に分化する間葉系幹細胞(MSC)は、高い免疫抑制機能を有することから新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に有効な可能性があると注目されている。大阪大学大学院生体統御医学講座麻酔・集中治療医学教室教授の藤野裕士氏は、COVID-19重症患者に対する脂肪組織由来間葉系幹細胞(AT-MSC)を用いた治療の国内初となる第Ⅰ相臨床試験を実施し、安全性が確認されたことを第20回日本再生医療学会(3月11~13日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  間葉系幹細胞によるコロナ治療、第Ⅰ相終了