メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  ガイドライン・診断基準 »  腹部超音波検査、所見の見逃しを防ぐには?

腹部超音波検査、所見の見逃しを防ぐには?

2021年03月26日 05:05

16名の医師が参考になったと回答 

 腹部超音波検査は非侵襲的で簡便に実施できるため、スクリーニング検査として多くの医療従事者が利用するが、経験の差が診断精度の差になって現れやすい。上尾中央第二病院(埼玉県)検査科科長の野本隆之氏は、同検査による所見の見逃しを防ぐために必要なポイントを第49回日本総合健診医学会(2月19日~3月4日、ウェブ開催)で解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  ガイドライン・診断基準 »  腹部超音波検査、所見の見逃しを防ぐには?