メニューを開く 検索を開く ログイン

脳卒中既往の高齢NVAFでイベント発生高率

ANAFIE Registry

 2021年03月26日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢化に伴い血栓塞栓症リスクの高い高齢心房細動(AF)患者の増加が予想され、抗凝固療法の重要性が高まっている。国立循環器病研究センター脳神経内科の吉本武史氏らは、多施設前向き観察研究ANAFIE Registryのサブ解析を行い高齢非弁膜症性心房細動(NVAF)患者において脳卒中既往の有無別にイベント発生率を検討した結果をSTROKE 2021(2021年3月11~12日)で発表。「脳卒中既往を有する高齢NVAF日本人患者は、非既往患者と比べて脳卒中/全身性塞栓症、大出血、頭蓋内出血、全死亡の発生率が高かった」と報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  脳卒中既往の高齢NVAFでイベント発生高率