メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

肺がん化学放射線療法の過去症例を検索・参照できるシステムで治療計画をサポート

 2021年03月26日 15:32
プッシュ通知を受取る

 アストラゼネカと富士フイルムは本日(3月26日)、切除不能なⅢ期非小細胞肺がん(NSCLC)に対する化学放射線療法の過去症例を搭載し、類似する症例が検索できる医療情報システムの共同開発を開始したと発表した。化学放射線療法を実施した症例のCT画像を検索システムに入力して腫瘍の位置を指定することで、腫瘍の位置が類似した過去症例が提示され、参照したい症例を選択して治療計画情報を表示できるという()。

図. 検索システムの流れ

2021-03-26_15.15.16.png

(アストラゼネカのプレスリリースより)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  肺がん化学放射線療法の過去症例を検索・参照できるシステムで治療計画をサポート