メニューを開く 検索

尿中チチンがALSの進行や予後の指標に

2021年03月27日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 神経難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療法は限られており、その理由として治療の標的分子が同定されておらず、重症度や進行度を反映するバイオマーカーが未確立であることが挙げられる。名古屋大学大学院神経内科学教授の勝野雅央氏、山田晋一郎氏らの研究グループは、筋肉を構成する蛋白質チチンの尿中濃度がALSの進行度や予後予測のバイオマーカーになりうることを突き止めた、とJ Neurol Neurosurg Psychiatry2021年3月18日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  尿中チチンがALSの進行や予後の指標に