メニューを開く 検索を開く ログイン

血液・尿から新型コロナを検出する新技術

修飾ヌクレオシドを測定

 2021年03月28日 05:00
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 熊本大学大学院生命科学研究部分子生理学教授の富澤一仁氏らは3月19日、血液および尿中の「修飾ヌクレオシド」を測定することで、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染の有無および重症化率などの予後予測を可能とする新たな技術の開発に成功したと、同大学公式サイトに発表した。この技術は、特許出願中だという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  血液・尿から新型コロナを検出する新技術