メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

マンモ直近2回の非受診で乳がん死大幅上昇

スウェーデン・女性55万例対象の前向き研究

 2021年03月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

 マンモグラフィによる乳がんスクリーニングの有効性は、実施後早期に現れないものの、長期的にはベネフィットが得られると考えられている。英・Queen Mary University of LondonのStephen W. Duffy氏らは、スウェーデンにおけるマンモグラフィ受診率と乳がんによる死亡率の関係を前向き研究で検証。乳がん診断前直近2回のマンモグラフィ検査を受診しなかった集団では、マンモグラフィ検査を受診した集団と比べて、その後の乳がんによる死亡リスクが大幅に上昇し、直近1回の受診スキップでも乳がん死亡リスクが上昇したとRadiology(2021年3月2日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  マンモ直近2回の非受診で乳がん死大幅上昇