メニューを開く 検索を開く ログイン

米・サクビトリルバルサルタンが慢性心不全へ適応拡大承認

 2021年03月29日 12:05
プッシュ通知を受取る

 ノバルティスは3月26日までに、米食品医薬品局(FDA)が慢性心不全治療薬であるアンジオテンシン受容体・ネプリライシン阻害薬(ARNI)サクビトリルバルサルタン(商品名エンレスト)の適応拡大を承認したと発表した。これにより、成人の左室駆出率(LVEF)が正常より低下した慢性心不全患者(HFrEF)に対する治療が可能となり、心血管死および入院リスクの低下が期待される。同適応拡大承認は、HFpEFを対象にARNIの有効性と安全性を検証した第Ⅲ相試験PARAGON-HFの結果に基づく(関連記事「HFpEFへのARNI、eGFR低下抑制」「サクビトリルバルサルタンの実力」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  米・サクビトリルバルサルタンが慢性心不全へ適応拡大承認