メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

転移性ホルモン感受性前立腺がんへのエンザルタミド、CHMPが適応拡大の承認勧告

 2021年03月29日 18:44
プッシュ通知を受取る

 アステラス製薬は本日(3月29日)、経口アンドロゲン受容体阻害薬エンザルタミドに関し、欧州医薬品庁 (EMA)において欧州医薬品委員会(CHMP)が、転移性ホルモン感受性前立腺がん患者への適応拡大について販売承認勧告を採択したと発表した。

 今回の販売承認勧告の採択は、転移性ホルモン感受性前立腺がん患者を対象に実施した第Ⅲ相試験ARCHESに基づくもの(関連記事「ASCO-GU 2019 学会印象記」)。CHMPの販売承認勧告に従い、欧州委員会(EC)によって今回の適応拡大に関する承認可否が判断されるという。ECにより承認されると、エンザルタミドは非転移性および転移性去勢抵抗性前立腺がんならびに転移性ホルモン感受性前立腺がんの適応症を取得した欧州で唯一の経口治療薬となる。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  転移性ホルモン感受性前立腺がんへのエンザルタミド、CHMPが適応拡大の承認勧告