メニューを開く 検索を開く ログイン

HTLV-1ぶどう膜炎、水平感染でも発生

 2021年03月30日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)は、日本に100万人前後の感染者が存在すると推定される病原性レトロウイルスで、成人T細胞白血病(ALT)、HTLV-1関連脊髄炎(HAM)、HTLV-1ぶどう膜炎(HU)などを引き起こす。従来、これらのHTLV-1関連疾患は垂直感染(母子感染)により生じると考えられてきたが、東京医科歯科大学眼科学分野講師の鴨居功樹氏らの研究グループは、HUが水平感染によっても生じることが分かったとLancet Infect Dis2021年4月1日オンライン版)に報告した(関連記事:「HTLV-1関連脊髄症の診療環境が前進」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  HTLV-1ぶどう膜炎、水平感染でも発生