メニューを開く 検索を開く ログイン

POEMS症候群に世界初の治療薬

サリドマイドが適応拡大

 2021年03月30日 16:05
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 千葉大学病院は昨日(3月29日)、サリドマイド(商品名サレドカプセル)がPOEMS症候群(クロウ・深瀬症候群)の治療薬として世界で初めて承認を取得したと発表した。同院脳神経内科教授の桑原聡氏らの研究グループが臨床試験を実施し、製造販売元の藤本製薬が申請していた。(関連記事:「POEMS症候群にサリドマイド療法が有効」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  POEMS症候群に世界初の治療薬