メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

オンコマインCDx用試薬、新ロットの供給遅延

 2021年03月30日 11:56
プッシュ通知を受取る

 サーモフィッシャーサイエンティフィックグループのライフテクノロジーズジャパンは3月29日、「オンコマイン Dx Target Test マルチ CDx システム(オンコマイン DxTT CDx)」用試薬について、新ロットでの製造に遅れが発生していると発表した。同社ではオンコマイン DxTT用試薬の安定供給を目指し新ロットでの製造に取り組んでいる。新ロットの完成時期については3月中旬〜下旬を見込んでいたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により一部の原料の調達に困難が生じ、製造計画に遅延が発生しているという。新たな完成時期については4月下旬頃を見込んでいる(関連記事「オンコマインCDxの試薬が供給再開」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  オンコマインCDx用試薬、新ロットの供給遅延