メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・高リスク早期TNBCへの術前ペムブロ+化学療法を非承認

 2021年03月30日 12:04
プッシュ通知を受取る

 米・Merckは3月29日、高リスクの早期トリプルネガティブ乳がん(TNBC)の術前療法における抗PD-1抗体ペムブロリズマブの化学療法との併用療法の適応追加申請に対し、米食品医薬品局(FDA)から承認を認めないとする審査完了通知(complete response letter;CRL)を受理したと発表した。

 申請はTNBCへの術前化学療法におけるペムブロリズマブの上乗せ効果を検討した第Ⅲ相試験KEYNOTE-522において病理学的完全奏効(pCR)を有意に改善した早期中間解析の結果に基づくが(関連記事「乳がん周術期のICIの位置付けは?」)、FDAの諮問委員会はさらなる追加データが必要と判断した。次回の中間解析は2021年第3四半期に実施予定である。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  米・高リスク早期TNBCへの術前ペムブロ+化学療法を非承認