メニューを開く 検索 ログイン

コロナ重症化を懸念、喫煙者と未診断COPD例

2021年03月31日 05:00

7名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にはさまざまな重症化因子が存在し、喫煙および喫煙を主な危険因子とする慢性閉塞性肺疾患(COPD)もそれらに含まれる。横浜市立大学大学院呼吸器病学主任教授の金子猛氏は、未診断のCOPDではCOVID-19の発症と重症化が懸念されると、第49回日本総合健診医学会(2月19日~3月4日、ウェブ開催)で指摘した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  コロナ重症化を懸念、喫煙者と未診断COPD例

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで