メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ診療で同居者の存在がストレスに?

パンデミック下の医療従事者600人を分析

 2021年03月31日 17:24
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診療に従事する医療関係者は、偏見を受けたり、家庭生活に制限を受けたりといった、特有の社会的ストレスにさらされている。東京医科歯科大学大学院精神行動医科学分野教授の高橋英彦氏らは、種々の評価尺度を用いて、COVID-19の診療に当たる医療者におけるストレスの危険因子を検討。「家族などとの同居」などが危険因子として同定されたと、J Psychiatr Res(2021; 137: 298-302)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ診療で同居者の存在がストレスに?