メニューを開く 検索を開く ログイン

タカラバイオ、コロナ変異株を検出する試薬が販売へ

 2021年03月31日 13:11
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 タカラバイオは3月30日、新型コロナウイルス変異株の変異を検出するリアルタイムPCR試薬(研究用試薬)を来月(2021年4月)13日に販売を開始すると発表した。同試薬は、検体からウイルスRNAを精製する工程を必要とせず、迅速かつ簡便に1時間以内で検出が可能とされる。

 国内では新型コロナウイルスの変異株として、英国、南アフリカ、ブラジルで確認されたものが多数報告されており、件数も拡大している。同社が開発したのは、スパイクタンパク質におけるN501YおよびE484Kの2カ所の変異を検出する迅速・簡便なリアルタイムPCR試薬。ダイレクトPCR技術が使われており、一般的な検査キットのようにRNAを精製する必要がない。唾液などの検体に前処理試薬を添加して加熱するだけでPCRを開始することができるため、検査時間が1時間以内と大幅な時間短縮につながるという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  タカラバイオ、コロナ変異株を検出する試薬が販売へ