メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ニボルマブ単剤、尿路上皮がん術後療法で承認申請

 2021年03月31日 17:36
プッシュ通知を受取る

 小野薬品工業は本日(3月31日)、抗PD-1抗体ニボルマブ点滴静注について、尿路上皮がんにおける術後補助療法に対する効能または効果の追加に係る製造販売承認事項一部変更承認申請を行ったと発表した。

 今回の承認申請は、根治切除後の再発リスクが高い筋層浸潤性尿路上皮がん患者の術後補助療法として、ニボルマブ単剤療法をプラセボと比較した国際多施設共同二重盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験CheckMate-274(ONO-4538-33)の結果に基づいたもの。同試験において、ニボルマブ単剤療法群は、プラセボ群と比較して、主要評価項目の全ランダム化患者および PD-L1発現レベルが1%以上の患者における無病生存期間で統計学的に有意に延長していた。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ニボルマブ単剤、尿路上皮がん術後療法で承認申請