メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

コロナ対応でPCI施行に遅れ

外保連第24回記者懇談会

 2021年04月01日 15:26
プッシュ通知を受取る

 外科系学会社会保険委員会連合(外保連)は3月30日、第24回記者懇談会を開き新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が外科診療に及ぼした影響について報告した。それによると、流行の第一波下では緊急性の高い手術については通常通り施行されていたものの、消化器・胸部外科手術などは顕著に減少したという。ST上昇型心筋梗塞(STEMI)に対する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)は、第一波以降も施行率9割以上を維持できているものの、SARS-CoV-2のスクリーニングや個人防護具(PPE)着用などに時間を要し、Door to balloon time(DTBT)に延長が認められており、予後に影響を及ぼすことへの懸念が生じているという。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  コロナ対応でPCI施行に遅れ