メニューを開く 検索を開く ログイン

米・透析・保存期の成人CKDに伴う貧血にバダデュスタットが承認申請

 2021年04月01日 13:38
プッシュ通知を受取る

 大塚製薬は3月30日、米・アケビア・セラピューティクス・インク(以下アケビア社)と共同開発中の腎性貧血治療薬である低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬バダデュスタットについて、アケビア社が透析期および保存期における成人の慢性腎臓病(CKD)に伴う貧血に対する適応で、米食品医薬品局(FDA)に新薬承認申請を提出したと発表した(関連記事「HIF-PH阻害薬の登場でGL改訂を展望」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  米・透析・保存期の成人CKDに伴う貧血にバダデュスタットが承認申請