メニューを開く 検索
Oncology Tribune

米・進行多発性骨髄腫に対する抗CD38抗体isatuximabの併用療法が承認

2021年04月01日 13:41

 仏・Sanofiは3月31日、既治療の再発または難治性多発性骨髄腫に対する抗CD38抗体isatuximab(商品名Sarclisa)とカルフィルゾミブ+デキサメタゾン(Kd)療法を米食品医薬品局(FDA)が承認したと発表した。今回の承認は再発多発性骨髄腫を対象した第Ⅲ相試験IKEMAの結果に基づく。Kd療法へのisatuximab上乗せにより、kd療法と比べて45%の死亡・進行リスク減少(ハザード比 0.548、95%CI 0.366〜0.822、P=0.0032)が認められている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・進行多発性骨髄腫に対する抗CD38抗体isatuximabの併用療法が承認