メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・進行多発性骨髄腫に対する抗CD38抗体isatuximabの併用療法が承認

 2021年04月01日 13:41
プッシュ通知を受取る

 仏・Sanofiは3月31日、既治療の再発または難治性多発性骨髄腫に対する抗CD38抗体isatuximab(商品名Sarclisa)とカルフィルゾミブ+デキサメタゾン(Kd)療法を米食品医薬品局(FDA)が承認したと発表した。今回の承認は再発多発性骨髄腫を対象した第Ⅲ相試験IKEMAの結果に基づく。Kd療法へのisatuximab上乗せにより、kd療法と比べて45%の死亡・進行リスク減少(ハザード比 0.548、95%CI 0.366〜0.822、P=0.0032)が認められている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・進行多発性骨髄腫に対する抗CD38抗体isatuximabの併用療法が承認