メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

放射線腫瘍学会、第4回のCOVID-19全国実態調査を公開

 2021年04月01日 13:44
プッシュ通知を受取る

 ⽇本放射線腫瘍学会は3月31日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する第4回実態調査の結果を公式サイト上で公開した。同調査は昨年(2020年)5月に第1回調査を実施し、今回で4回目の報告となる。質問や意見の多かったワクチンについては、同学会公式サイト上に「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンについての提言」を掲示している(関連記事「放射線腫瘍学会がCOVID-19の全国実態調査を報告」「がん患者へのコロナワクチンで放射線腫瘍学会が提⾔」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  放射線腫瘍学会、第4回のCOVID-19全国実態調査を公開