メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

アスピリンでFAPのポリープ再発を予防

日本初のがん予防薬として保険収載目指す

 2021年04月02日 16:45
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 家族性大腸腺腫症(Familial Adenomatous Polyposis:FAP)は、がん抑制にかかわるAPC遺伝子の病的変異により大腸に腺腫(ポリープ)が100個以上多発する常染色体優性遺伝性疾患で10歳代に好発し、国内の患者数は約7,300例と推定される。未治療の場合、ほぼ全例で60歳ころまでに大腸がんを発症するため、唯一の予防法として大腸全摘出術が行われてきた。そうした中、京都府立医科大学大学院分子標的予防医学特任教授の石川秀樹氏、同教授の武藤倫弘氏らの研究グループは、大腸温存FAP患者を対象に低用量アスピリンの二重盲検ランダム化比較試験J-FAPP Study Ⅳを実施。大腸ポリープの増大を有意に抑制したとLancet Gastroenterol Hepatol2021年4月1日オンライン版)に報告した。同研究グループは、日本初のがん予防薬として低用量アスピリンの保険収載目指している。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  アスピリンでFAPのポリープ再発を予防