メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

大鵬、自社創薬のFGFR阻害薬が進行胆管がんでFDA画期的治療薬に

2021年04月02日 11:54

 大鵬薬品および同社の子会社である米・Taiho Oncologyは4月2日、共有結合型FGFR阻害薬futibatinib(開発コード:TAS-120)について、前治療歴を有するFGFR2遺伝子再構成(融合遺伝子を含む)を伴う進行胆管がんを対象に、米食品医薬品局 (FDA)よりブレークスルーセラピー(画期的治療薬)指定を取得したことを発表した。

 同薬は、 FGFR1、2、3、4の不可逆的かつ選択的な低分子阻害薬で、まだ世界で承認されていない薬剤となる。 今回のFDAによる判断は、第Ⅱ相試験FOENIX-CCA2の有効性および安全性の結果に基づくもので、詳細は今月に開催される米国がん研究協会学術会議(AACR 2021)で発表される予定であるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  大鵬、自社創薬のFGFR阻害薬が進行胆管がんでFDA画期的治療薬に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535915 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外