メニューを開く 検索を開く ログイン

急性呼吸不全へのステロイドで死亡減

 2021年04月05日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)への治療法が限られる中、副腎皮質ステロイド療法の有効性に関する明確なコンセンサスは得られていないのが現状である。中国・Sichuan UniversityのPing Lin氏らは、ARDSに対する副腎皮質ステロイド療法の有効性についてメタ解析を実施。同療法により死亡リスクが有意に低下したと、Crit Care2021; 25 : 122)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  急性呼吸不全へのステロイドで死亡減