メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ感染者は手術後の死亡率が4~8倍に

手術予定患者に優先的にワクチン接種を

 2021年04月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 世界各地で猛威を奮っている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、予定されていた数多くの手術が延期され、病状の進行や生命予後の悪化が懸念される。関西医科大学外科学講座診療教授の里井壯平氏、埼玉県立小児医療センター麻酔科の藤本由貴氏、米・ウェイン州立大学小児科の黒田直生人氏らが参加する国際共同研究グループは、外科手術を受けた新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者が術後30日以内に死亡するリスクは、非感染者の4~8倍に上るとの研究結果を、Br J Surg2021年3月24日オンライン版)に発表した。外科手術を予定している患者のSARS-CoV-2ワクチンを優先接種により、年間5万8,687人のCOVID-19関連死を防ぐ可能性があるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ感染者は手術後の死亡率が4~8倍に