メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ流行に伴う収入減で歯痛増加

日本人2万5,000人超対象のインターネット調査

 2021年04月06日 17:36
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大により社会活動が著しく制限され、経済活動にも影響が及んでいる。社会・経済活動の悪化は、口腔を含む身体的な健康に影響を与える可能性がある。東京医科歯科大学大学院国際健康推進医学分野の松山祐輔氏らは、日本人2万5,000人超を対象としたインターネット調査JACSIS(Japan COVID-19 and Society Internet Survey)研究の結果、COVID-19の影響で社会経済状況が悪化した人では歯痛が多く見られたとJ Dent Res2021年4月1日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  その他診療領域 »  コロナ流行に伴う収入減で歯痛増加