メニューを開く 検索を開く ログイン

ウパダシチニブが乾癬性関節炎に有効

英・第Ⅲ相試験、プラセボおよびアダリムマブとの比較

 2021年04月07日 05:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 ©Adobe stock ※画像はイメージです

 英・University of GlasgowのIain B. McInnes氏らは、約1,700例の乾癬性関節炎(PsA)患者を対象に、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ウパダシチニブの有効性と安全性を第Ⅲ相ランダム化比較試験で検討。その結果、ウパダシチニブ30mg 1日1回経口投与ではプラセボおよびアダリムマブに比べ、投与開始後12週時の米国リウマチ学会コアセット改善20%以上(ACR20)達成率が有意に高く、非劣性および優越性が示されたとN Engl J Med2021; 384: 1227-1239)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  ウパダシチニブが乾癬性関節炎に有効